Skip to content

美術部アニメ

2012/04/30

食っちゃ寝生活が続いておりまして、4月のデッサン会はお休みしてしまいました。くすん。
家でも殆ど描けていなくて辛いですが、少しずつ起きていられる時間が長くなってきたので、今月は鉛筆デッサンぐらいならできるようにしたいです。

今季のアニメも大体出揃いましたね。
大抵、「絵が綺麗か」「面白いか」みたいな基準で選んでいるのですが、一つだけ変わった基準で見ているのがありまして。

「かんなぎ」です。
ストーリー自体はパッとしない男の子の元にカワイ子ちゃんが転がり込んで…という伝統的なもので、普通だったら切り捨てていたかもしれないんですが、主人公の男の子が美術部所属なんですよ。もうこの美術部のシーン見たさに見続けているわけでして。

第一話 : 主人公の男の子が木彫で女の子を彫っていて変だなと思ったんですよね。普通の高校生が家で木彫を作るってなかなかないじゃないですか。でも「日常」には仏像好きが嵩じて仏像を彫る女の子が出てきてたし、「高校生の間で木彫が大ブーム!」とかなのかなーと (違

第二話 : 木製の油彩パレットを水で洗うシーンがw いやー洗えないこともないけど、折りたたみの金具が錆びたり、ニスがはげたところから水がしみこんだりするからやめたほうがよろしいかと。ウエスでぬぐって溶剤で洗ってねw 後半には美術部顧問の先生が地下収納をアトリエにしてるシーンがあったんだけど、それはやめたほうがいいと思う。絶対蓋の上にラオコーンとか乗せられてえらい目に遭うから。

第三話 : ジェッソを買いにいくシーンがあったんだけど、ビニール袋に大量に入れたジェッソってあんなに軽々とは持てないはずw 不良に絡まれた女の子を救出するシーンで鈍器として使ってたけど、袋いっぱいのジェッソで殴られた不良の男の子が心配で心配でおばちゃんは夜も眠れません。

いやー面白いですわwww 美術部のシーンになったら教えて状態ですwww

IMG_

アイコン画像。
カンヴァスの目が見えているとおり、プリマなんだけど薄く三層塗っただけなのでかなりの薄塗りです。

バロックの巨匠たちも、厚塗りに見えて、実は意外に薄塗りです。もちろん技法上、暗い部分が薄く、明るい部分になるにつれ厚塗りにはなりますが。
ちなみにルネサンスの頃は全く手順が違っており、逆に明るい部分が薄く、暗い部分が厚くなります。
音楽もそうだと思いますが、ルネサンスとバロックの間には技法上の大きな断絶があるようです。

広告

From → Art

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。