虎の穴

虎の穴に篭っていました…(というほどでもないのですが)。


少し前のことになっちゃうんですが…。

阪急電鉄納涼囲碁まつり 琴棋ブログ
阪急電鉄納涼囲碁まつり 日本棋院関西総本部

刺身の件。ゆうたんってこんなベタなギャグ飛ばす人やったんや…www あの例の髪型の件以来、かなりの天然だと勝手に思ってたんですけど、やっぱり伊達に東大阪で20年も生きてないわ…www

と、楽しんでおいてなんですけど、しかもこれ毎年言ってるような気がするんですけど、このイベント休ませてあげられませんかね…毎年ものすごいハードスケジュールの合間に入ってて、バテやしないのかと…。無理だろうなあ…。

穴に篭ってる間に名人戦まで始まってしまいまして。
まあこのカードは気楽です。制作もちゃんとできる。最後まで楽しく観戦しますよー。


で、穴に篭ってなにをしていたかと言いますとですね、しっかり不透明に、筆のタッチを残して塗る練習をしていました。
今まで画用液の運用から塗り方から、その日の気分で適当にやっていて、ぬるぬると気持ち悪く塗り広げたりして、これは良くなかろうと思い始め…。
地塗りをしたベニヤ板や、描きかけで放置した絵で実験してるうちに時間が経ってしまいました。

low_1028

相変わらず写真が変ですが、どうにかうまくいったかなというのがこれ。
タッチをつけるために、少し使って長らく放置していたアルキド樹脂ペーストを使ってみました。
ただ、透明度が上がるうえに筆が重くなるので、使い切ったら補充しないかも…。絵具の中にも樹脂は含まれているし、それでちゃんとタッチがつくならあまり変に加えないほうがいいようにも思います。ちゃんとタッチをつけて塗れるようになるまでの助走ということで。


森之宮のアトリエ、4ヶ月の制作期間が終了し、産休に入りました。
次にあそこに行けるのはいつだろう…木曜日の自由制作日にはまだしばらく荷物を取りに行ったりする関係で行くことになるかと思いますが。

思えばあのタイミングであの場所に行けて本当によかったと思います。
私自身は、折角の環境を生かしきれたかというと、分不相応というか、もったいなかったかなと思いますが、他の方の制作に向かう態度を見られたことのほうが大きな収穫でした。
N展やH日会などの大きな団体公募に常連のように入選されている方ともなると、制作態度が全然違っていて。
いつも制作のことを考えているし、制作中心に生活していて。
気楽に楽しく絵具で遊んでいるだけの自分が恥ずかしくなるばかりでした。
同じ空気を吸って、少しはまじめになったかしらんと期待しています…。

あの雰囲気を忘れず、家でも制作していきたいと思います。
森之宮の皆様、あの場所を提供してくださっているAさん、本当にありがとうございました。
皆様の今後のご活躍をお祈りしております!

Advertisements
Posted in Art

2 thoughts on “虎の穴

  1. お疲れ様でした! 産休・育休 明けたら 復帰をお待ちしています♪
    短い期間でしたが・・ありがとう

    1. お世話になりました。ありがとうございました。
      少し余裕が出てきたら木曜日にでも行きたいですが、いつになることやら…。
      荷物を取りに行かないといけないので、あと何回かは木曜日におじゃましますね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s