Skip to content

100号制作過程:固有色

2014/05/20

絶賛放置状態のこのブログですが、書かざるを得ないことができたので久々のエントリーです。詳しくは後ほど。

制作過程もいよいよ最後です。写真が少なくてすみません。

IMG_1372

low_1390

下の写真で8割ぐらい。完成作は描き終えてすぐ出してしまったので画像がありません…。
ざっくり言うと固有色を乗せていくだけです(ざっくりしすぎや!)。ただ、エボーシュの段階で明暗はできているので、わりとラフに乗せていくだけでそれっぽい色が出ます。エボーシュの手間を嫌ってダイレクトペインティングの方のほうが多いと思いますが、形と明暗が楽に取れて、固有色も神経質にならずに乗せていけるので、最終的にかかる時間はそんなに大きく違わないのではないかと思っています。今回「捨て塗り」とでも言うのでしょうか、最終的に乗せる色とは違う色を間にかませてみましたが、エボーシュをセルリアンブルー系の色にしておけばそんなことしなくて済んだかな、と思っています。次回はそれでやってみるつもりです。
制作前から予想はしていたのですが、床にむちゃくちゃ時間を取られました…。下手に塗ると垂直に立って見えてしまうので(二人が滑り落ちてしまいます!)、自分の目の高さから見下ろした勾配の大きな面になるようにするのが本当に大変でした。もう二度とやらないと思うほど(笑)。でもゴチャゴチャ描き込まない、余白の多い絵は好きなので、またやるんだろうな。

さて、このエントリーを書かざるを得なくなった理由ですが…。
日洋展に入選、入賞いたしました。入選すら予想していなかったので、望外の結果です。ひとえに先生のご指導の賜物です。未熟な後輩に優しくしてくださった教室の先輩方にも感謝いたします。また、主にTwitterで励ましてくださったり、技術的なことなど惜しまずお教えくださった皆様にも感謝しております。最後に、制作を支援してくれた夫と母に、心からありがとう。半分ぐらいはこの二人が描いたようなものです。そして、愛すべき我が家の小さな専属モデルにも。
先に書いた通り入選すら予想していなかったため、いつどこを巡回するんだか全然知りません(笑)。受賞作は全国巡回するのかしら。日洋会へのリンクを貼っておきます。もしお時間があればお立ち寄りくださいませ。


この間に行った展覧会 : 森本草介展・現代の具象絵画展@阪急梅田店、川瀬巴水展@高島屋、ターナー展@神戸市立博物館、ホワイト展@戎橋画廊、大阪倶楽部絵画展@薬業年金会館

広告

From → Art

2件のコメント
  1. 佐藤 permalink

    初出品・初入選・初受賞 トリプルクラウン おめでとう!
     実際の作品を見るのが 非常に楽しみ!!!!

  2. ありがとうございます。私は森ノ宮の皆さんの展覧会に殆ど行けていないので(すみません…)、なにかのついでに御覧頂ければ幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。