こんな夢を見た。

自分の住んでいる国(日本かどうかも分からない)が戦争することになった。戦意高揚のため、たくさんの壁画が描かれることになり、私にも依頼が来た(私が国から依頼を受けるほどの画家なのかというツッコミは甘んじて受けますw)。断りたいが、どんな目に遭うか分からないので渋々受諾した。私に割り当てられたのはかなり大きな壁面で、男性画家と二人で担当することになっていた。二人で一枚の大きな作品としてもいいし、二分割して個別に作品を描いてもいいと言われ、男性と相談して半分に分けて別々に描くことにした。男性は依頼どおり勇ましく進軍する兵士の絵を描いていた。私はそんなの真っ平御免だと思い、描きたい絵を描いた。完成後、男性の絵は絶賛され、鑑賞者が絶えなかった。一方、私の絵はケシカランということになり、塗りつぶされ忘れ去られてしまった。戦争が終わり、今度は男性の絵の方がケシカランということで塗りつぶされ、私の絵は修復家により上から塗られた絵具が剥がされた。現れたのは、ピンクを基調とした、すやすやと眠る我が子を抱く母の絵であった。

Advertisements
Posted in Art

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s