習作ラッシュ

日洋展の東京展は無事終了致しました。
お忙しい中お越しくださいました皆様に深く御礼申し上げます。
自分の悪いところも、(多分)いいところも、少し見えてきた気がするので、益々精進していく所存です。

IMG_1937

出品作を描いている間、先生に「弱い、もっと力強く!」と指摘されてずっと喧嘩していたのですが、これについては(言われ続けているうちに感化されたのかもしれませんが)そうかもな…と思い始め、ながらく使っていなかった黒を使ってみることに。ランプブラックとマルスブラックが手元にあったので両方試しました。ランプブラックは青みが美しいものの、私の絵は全体的に黄味がかっているため強い寒色になってしまい、肌などに使うと死体のような色に…。ということでしばらくマルスブラックを使ってみることにします。

IMG_1935

パレットに黒が入ったことで「お? Zorn Paletteに近い構成になったんじゃ?」ということで、Anders Zornの模写など始めてみました。紙ですが丈夫そうなのでこのデッサンの上からジェッソを薄くかけて油彩の模写とする予定です。以前先生に頂いたヴァーミリオンにようやく出番が!
実は次の教室までに風景のデッサンにも着手しておかなければならない…。大丈夫か私。

IMG_1939

懲りずにこんなものまで。七冠で練習すんな! って感じですが、届いた瞬間に日本棋院の職員さんに捨てられる運命なので大丈夫です、たぶん(笑)。

IMG_1933

IMG_1934

いつもの美術解剖学。どんなに疲れていても一日に一枚は必ず何か描くように…ということで始めたものですが、一日一枚って結構な分量になりますね。

Advertisements