I went to a GO salon. 野田石心さんに行ってきました。

本題に入る前に宣伝。

前回に引き続き、週刊ひがしおおさか様とのお仕事です。
井山七冠に1mmでも近づくぞ!【series2】「わからない」ことを楽しむ文化。紅白的囲碁観戦のススメ
LG杯を4人で観戦したレポートです。前回に比べると地味ですが、将棋に比べると少ない「観る碁」の楽しみ方を提示したという意味では価値のある記事だと思います。ご高覧頂ければ幸いです。

連載は計8回程度を予定しており、次回は十段戦第1局をお送りします。なんと初めて対局室に入ります!
下のタグをブックマークしておくといいかもしれません。お楽しみに。
井山七冠に1mmでも近づくぞ!


囲碁サロン 野田石心 様にお邪魔してきました。
この日は まるにー さん主催の「Do酔う会」。打たずに飲んで楽しもうという会です。
もちろん普通に打ってもいいのですが、まるにーさんや席亭の湯浅さんとお喋りしたくて行きました。

週刊ひがしおおさかさんの取材で七冠の魅力について語ったのですが、実は全然語り足りなくて、とにかく誰かに聞いて欲しかったんです…(まるにーさん完全に被害者…)w
いやーノンストップで喋りまくりました…。しかも持ち寄りなのに手ぶらで行ってまるにーさんのワインを飲みまくるという横暴ぶり。酷い。今度何か持って行きます…www
途中手空きになった方と少しお喋りしたのですが、全くの初対面だったにも関わらず、「Twitterで佐治さん知ってます」と言われてびっくりしました。いよいよ私始まったな!

まるにーさんは最近打つのは少しお休みして、描く碁 (棋士などを描いて楽しむ) やコラにはまっているのですが、急激に上手くなってきておられて驚きました。

夕方になり、湯浅さんが少しお暇になってきたようなので写真を撮影させて頂きました。

201803281436

湯浅さんが指さしているのは村川先生の色紙。その下に せき さんの囲碁アートが見えますね。

この後も私の独演会状態。湯浅さんも加わって被害者が増えました(笑)。

201803172333

井山先生の手つきの話になり、なぜか全員左手で打ち始める(笑)。
「小指が立ってるんだよねー」「手首ひねるよね」「『溜め』があるよね」
湯浅さんかなり再現度高かったです!

201803172335

最後はまるにーさんの勝ち。本当は2子でも全く歯が立たないそうで、今日はサービスですね(笑)。

全く打たずにお喋りだけしててもいい碁会所というのは珍しいのではないでしょうか。
囲碁に興味はあるけどまだ打つ勇気はないので、他の方が打っているところを見たいだけ、という方も多いと思います。そんな方にも是非お越し頂きたいですね。

いやーほんとに楽しかったです! また参加させて頂きたいです!!

野田石心 さんのホームページはこちら。
入口が少し分かりづらいので、2階の窓を見ながら歩くと見つけやすいかもしれません(窓に「囲碁 石心」と書かれています)。
明るくてきれいで、初心者の女性一人でも入りやすいです!
囲碁に興味が出てきたら是非行ってみてください!!

Advertisements

I was interviewed on a Web magazine. (週刊ひがしおおさかさんの取材)

週刊ひがしおおさか 様から取材を受けました。
井山七冠に1mmでも近づくぞ!【series1】囲碁の世界にハマり、井山裕太の同人誌を出した女
本文も面白いですが、動画がメッチャ面白いので是非見てくださいwww
8回ぐらいの連載が予定されており、次回はLG杯を4人で観戦したレポートです! ご期待ください!


201802112127

日本一の囲碁棋士(平面)を軽トラの荷台に乗せて(笑)、初めてF100を先生に見て頂きました。
指摘された点を直接絵にチョークでメモってあります。何かに書いておかないと忘れるのですが、メモ帳などに書くと分からなくなってしまうことがあるので、このほうが楽です。チョークはこの上から塗ってしまえば消えるし、塗らないで残った場合は乾いてからぺトロールなどで拭けばきれいに消えるのでおすすめ。
顔の色とかはともかく、背景はベタ塗りじゃないほうがいいって言われたんだけど、背景は黒ベタって仰ったの先生ですからね!? ←多分忘れてる

201802112129

授業は、本当は風景写真を持ってきて風景画を描くという内容だったのですが、一人だけレンブラントの模写を続けていました(笑)。
顔の左側(向かって右側)の面の向きがおかしいですね。後で直すことにします。

先生「レンブラントはナイフで描いてなかったと思うよ」
私「そうですね」
先生「クールベは使ってたと思うけど」
私「そうですね」

自由模写だから好きにさせてwww
どうせ21世紀のチューブ絵具で模写しても完全な模写にはならないんだしwww

201802112219

なぜか練り棒持ってるけど、しんどいからもう練らないwww

Ideal black. (理想の黒)

201801290012

ずっと黒に悩んできました。肌の色の暗部に使おうと混ぜてなんだか汚い感じになってしまったりして。
このところマルスブラック (mars black) に落ち着いていたのですが、それでもやっぱり黒すぎる。
ある時ふと「ウルトラマリン (ultramarine) とローアンバー (raw umber) を混ぜたらどうだろう」と思い、やってみたところ、パッと見には黒い絵具 (PBk) と変わらない感じになりました。混色ですので、ウルトラマリンを多くすれば青味の黒 (blue black) に、ローアンバーを多くすればセピア (sepia) やヴァンダイクブラウン (Vandyke brown) 、カッセルアース (Kassel earth) のような色になります。最高かよ…。

201801260305

少し前ですがF100。スーツの色を、セルリアンブルー (cerulean blue) +ローアンバー+マルスブラックで塗っていたのですが、どうもしっくりこなかったので、新しい黒で塗り直しました。写真では同じような黒にしか見えませんが、実物は全然違います。しばらくこの黒で行こう。


というわけで Amazon のほしいものリストに載せておいたところ、ん、何かが届いたようだ…。

201801200119

201801200116

うわあああありがとうございますありがとうございます!!!
どなたか分からないけどありがとうございます!!!
私の絵は皆様の暖かい応援によってできております!!!!!

My teacher got a prize. (小灘一紀先生の内閣総理大臣賞受賞祝賀会)

私の絵の師匠である小灘一紀が内閣総理大臣賞を受賞しまして、祝賀会に行ってきました。本当はヒラの私が働かないといけなかったんだと思うんですが、小さな子供がいるということで、完全にお客さんでした。なんだかすみません…。

IMG_2735

スピーチする師匠。よく見ると左手親指に絵具がついています。
「画家の手が汚れていないようではダメだよ」と言われたような気がして、襟を正しました。
先輩方のご尽力で、とても暖かい、素晴らしい祝賀会でした。師匠、長生きしてくださいね…。

201801282310

この日の電車クロッキー。狙いをつけた人がすぐに降りてしまったり、帰りに途中まで教室の人と一緒だったこともあって、最後まで描けたのはこの2点ぐらいでした…。


201801280328

F100の現在。これまで、公募展に出品する作品は似顔絵でも肖像画でもないので、「よく見たら七冠に似てる?」ぐらいの、「誰だか分からないけど囲碁棋士を描いた絵」という感じにしようとしていたんですが、ことここに及んでキレまして(笑)、もう中途半端なことはやめてきっちり似せようと。それにしても最悪のタイミングで国民栄誉賞に選んでくれたものです…(発表時点で半分くらいの進捗、日本棋院との交渉も完全に終わっており、もう引き返せない)。ファンとしてはもちろん嬉しいのですが、画家としてはリアルに「詰んだorz」って気持ちです(笑)。
有名人を描いた絵というのは芸術作品としては俗に見られるので、今後意地でも七冠を描き続けるのか、他のモデルを探すか迷いますし、第一もう日本棋院から許可が下りるかも分かりません。でも今年一回で終わったら経緯を知らない人から見たらそれこそ完全にミーハーだし、意地でももう少し描き続けたいところです。日本棋院さんお願いします!!!

制作過程は こちら 。例によってだんだん間違い探しみたいになっていくのですが…。

Replication of Rembrandt with knives (ナイフでレンブラントの模写)

タイトルを英語にしておくと、海外の方も読んでくれることについ先日気づきまして、英語と日本語を併記する形式にしてみました。ちょっと長ったらしくなりますがお許しください。

準備として、裏キャンにジェッソ (gesso) を塗り、ローアンバー (raw umber) でキャンバスの目を潰しておきます。

DSH7MqiUMAAnOdt

チョーク (chalk) で下描きします。今回はデッサンの狂いを極力なくすため、木炭デッサンの逆みたいな感じでデッサンしていきます。多分 reductive drawing の一種になると思います。
目の位置が低いですね…。修正して塗りに入ります。

201801060115

明部から描いていきます。

201801072229

教室でここまで描きました。全てナイフ (palette knives) で描いていて、筆は一切使っていません。
実は今日の授業は水彩だったのですが、普通に写実的に描くというのではなくて、にじませたりぼかしたりして下地(?)を作って、あとから耐水性のペンで絵を描くという内容で、それだったら模写をやろうと思って油彩道具を持って行って描きました。先生が興味を持って、「全部ナイフで描いてるの? 器用だねえ」とか「この描き方は誰かに教わったの?」とか聞いてきました。授業料返してほしいです、ていうかください(笑)。


201801072319

201801072317

最近、MICRO5という、システム手帳では最も小さなサイズの手帳を買いました。2枚目の写真の500円硬貨と比較するとその小ささが分かって頂けると思います。電車に乗った時に、ふと「この小ささなら恥ずかしくて挫折した電車クロッキーができるのでは?」と思い、再開しました。寝ているかスマホに夢中になっている人を狙い撃ちします。この小ささは素晴らしい。殆ど怪しまれません。いい相棒になりそうです。

囲碁同人誌

密かに(?)囲碁同人誌プロジェクトが進行中です。
本格始動は私が100号の作品を提出する5月以降になります。


現在の執筆陣は以下の通り(順不同)。
「自分が入ってない!」「内容が違う!」という苦情は私(@kymd72)まで。

  • mutsuko @mutsuko_kyoto さん : エッセイ(?)
  • T.まこ @twi_mako さん : 1枚絵
  • さだ‏ @sada0324 さん : 4コマ漫画
  • ムー‏ @igo_mu さん : 1枚絵(?)
  • 荘田茜 @akane_soda さん : 漫画かイラスト
  • 馬之助@囲碁垢‏ @umanosuke83571 さん : 短編小説
  • 栞‏ @ccc15ooo さん : 続き物4コマ漫画
  • 佐治るみ子 @kymd72 : ページ数が16の倍数になるように埋める

暫定だけど決まっていることは以下の通り。

  • 印刷所は未定。データ入稿のグレースケールOKのところになるかもしれません。
    候補は金沢印刷。少しお高めになりますが、デジタルとアナログの原稿が混在でも印刷可能な印刷所です。ただしグレースケールには対応していません。別にコネとかはないのでもっといいところがあればご紹介ください。
  • 費用は私が負担し、執筆者への謝礼は同人誌一冊とさせて頂きます。
  • 販売は七冠王の時に利用したピコ通販を利用し、私が発送を担当します。
  • 部数は50部(?)、売り切れ御免とします。金沢印刷さんだと10部ほど余分に送ってくれると思います。
  • 価格はギリギリ赤字にはならない程度で。今回は部数が少ないので寄附に回す余裕はないと思います。すみません。
  • 本の体裁はB5右開き(日本の殆どの小説・漫画と同じ縦書きの本の開き方)、表紙カラー、本文モノクロ。
  • アナログ原稿用紙のサイズは2種類ありますが、混在して大丈夫かどうかを印刷所に問い合わせ中です。デジタルの方はB5サイズ用のフォーマットでお願いします。
  • アナログ推奨画材 : 用紙は漫画用原稿用紙、ケント紙、厚手のコピー用紙。線描は顔料インクの黒(ピグマ、コピックマルチライナー、その他漫画用インク等)。ベタ塗りも顔料インクの黒(ポスカ、プロッキーなど)。とにかく「まっ黒だなあ!」と思う色で、少々濡れた手で触っても流れなければOKです。ボールペン、鉛筆は不可です。白と黒の中間を表現するのにグレーは使えません。スクリーントーンを貼るか、ペンでハッチングをかけるなどして表現してください。印刷所がまだ決まっていないため、用紙が未定です。すみませんが少しお待ちください。参考として商品画像を貼っておきます。これ以外でも顔料インクの黒であれば大丈夫です。ピグマは消しゴムをかけると少し薄くなることがあります。その際にはなぞり直してください。印刷ではかすれて出る場合があります。
    multilinar_kind
    ESDK01x49
    720599000
    597468000
    183004000

  • 1人の担当は1~8ページ。1ページの場合は奇数偶数どちらのページになっても良いようにレイアウトしてください。2ページの場合はなるべく見開きになるようにします。3ページになりそうだったらカットを入れるなどして4ページにして頂けると嬉しいです。無理なら1ページの原稿と組み合わせますのでその辺は柔軟に行きましょう。4ページの場合は偶数ページから始まり奇数ページで終わります(見開き2つ分)。8ページの場合は見開き4つ分になります。4ページから8ページの中間なら、イラストなどを足したり、文章なら行間を増やして、なるべく6ページか8ページに落ち着くようにして頂けると助かります。
  • 本のタイトル募集中! 将棋の同人誌「カクナリ!」のような、短くて呼びやすくて名前がいいです。先に囲碁同人誌を計画していたかるこえさんといつきさんから「ポンヌキ!」の使用許可を頂きました。個人的にはとても気に入っているのですが如何でしょうか…?
  • 表表紙(表1、カラー)、裏表紙(表2、カラー)、扉兼目次ページ(モノクロ)のイラストを募集します。これだけ人数がいれば裏表紙は「カクナリ!」の縮小版的に4人で4分割してもいいかなと思っていますがどうでしょう。もしくは表1と表4を1人で担当して「七冠王」と同じような繋がったデザインにするとか…。表表紙は同人誌デザイン経験のある茜さんが良さそうだと思っているのですが如何でしょうか…。
  • 文章の執筆者が多いので、余白ができてしまい、かつ執筆者が希望した場合に限り、本文の内容に即したカットを追加する可能性があります。カットを描きたい方も募集します。
  • 最後のページに奥付(発行者などの情報)と執筆者の自己紹介を掲載しますので、200字程度ぐらいで考えておいてください(はぁと)。
  • 同人誌はどなたの手に渡るか分からないということを念頭に置いて執筆願います。特定の個人や団体への誹謗中傷、猥褻な内容のもの、その他関係者が不愉快になるような内容のものは、こちらの判断で不採用とさせて頂きます。この点については特にご注意願います。
  • 著作権にご注意ください。リアルな絵を描かれる方は写真を参考に制作されると思いますが、なるべくイベントなどでご自身で撮影した写真をお使いください。SNS で入手した写真は必ず使用目的を明らかにした上で使用許可をお取りください。著作権で揉めますと厄介なことになりますので厳守願います。
  • 今回は七冠王の時と違い両棋院に肖像権などの許可は取りません。同人誌活動は基本的にアングラな活動で、アニメや漫画の二次制作なども、グレーだけど個々のサークルの発行部数や売上は微々たるもので、公式が目くじらをたてるほどではないということで黙認されているという扱いです。殆ど利益の出ない同人誌の発行に際し、本文内に登場する個々の棋士の肖像権などに関し許可を得るのは、逆に両棋院に面倒な雑務を増やし迷惑と受け取られる可能性があるためです。七冠王の際には許可を頂いておりますので堂々と石井先生と七冠にお送りしましたが、今回のはアングラなので一応建前として関係者にお見せしたり、贈呈したりしないようにしてください。もちろん購入者が関係者に見せたりプレゼントする行為まで監督することはできないので、関係者が不愉快になるような内容の原稿は没とさせていただくことにしています。
  • これは願望なのですが、「カクナリ!」のように囲碁、特に観る碁、描く碁、書く碁の皆様で継続的に続けていけたらいいなと思っています…。

今後しなければならないことは以下の通り。

  • タイトルを決める
  • 締切日を決める
  • 各自の順番を決める
  • 表1・表4・扉イラスト担当を決める
  • 各自何ページぐらいになるか訊く
  • ページ増減に対応可能な人のアタリをつけておく

大エルミタージュ美術館展ほか

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年を振り返ってみますと、突然「七冠(当時六冠)を描こう!」と訳の分からないことを思い立ち、七冠になる前提で同人誌を作り始め、七冠復帰でお祭り騒ぎして、…とかやってるうちに七冠が国民栄誉賞というニュースが飛び込んできて、「うわあああー公人だけどギリギリ一般人にとっては有名人とは言えないぐらいのボーダーラインだったのに、これからどうすんのよ!」ってなってなんだか呆然としながらYouTubeで大納会の映像を見るというジェットコースターみたいな一年でした。うちの師匠は内閣総理大臣賞だし。

七冠が有名人になったのは嬉しいけど、モデルとしては有名人というのは非常に難しいのです。ともすれば俗っぽい似顔絵になってしまいます。でも、何かに向かって必死で戦っている人は美しいと思います。日本棋院とご本人の許可が頂ける限り描かせて頂きたいなと思います。


年末に大エルミタージュ美術館展に行きました。風邪気味だったけど、一点だけ撮影できると聞いたためです。

201712310029

201712310030

撮影ができたのは、ウィギリウス・エリクセン「戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像」。制作は1760年代だそうで、まあこの時代の丁寧に描かれた肖像画だなーという感じ。盛り上げもなく非常に平滑な、古典的な描き方でした。レンブラントのほうが撮りたかったですが、さすがに許可が降りないのでしょうね。


七冠の絵は、私には珍しく暗い色調で、左からの強い光で強烈なコントラストのある絵になっています。
元の写真はそこまで一方向から強い光が当たっているわけではないので、ちょっとここらでレンブラント先生にお伺いをしてみようと思い…

DSH7MqiUMAAnOdt

ごめんなさいごめんなさい出直しますwww
とりあえず1月最初の授業の内容、電話で聞いたんだけどよく分からなかったのでこれを持って行って模写します。これをきっちり仕上げてると100号のほうがヤバくなりそうなので適宜2つを往復しながらになると思います。


201712310131

パレットは微妙に改変を繰り返しています。黒としてマルスブラックを使ってきたのですが、黒を使いすぎると、特にアルラ・プリマの場合どうにも濁ってしまって汚くなるのが気になって、ウルトラマリンブルーとローアンバーを混ぜて作ったかなり黒に近い色を黒として使ってみようかなと思いはじめました。赤はバーントシェンナ、黄色はローシェンナという渋いラインナップです。花などを描く場合はベネチアンレッドやイエローオーカーなどを使うと思いますが、人物ならこういう渋い色のほうが、例えば肌の色はバーントシェンナ+白で作れてしまうのでむしろ楽だったりします。こんなに渋い色で描いたら画面全体が土色みたいになるんじゃないの? と思われるかもしれませんが、以下の作例に見るとおり全体の彩度が低ければそれほど茶色くも見えないことが分かります。人間の目って不思議ですね。

201712181601